2010年06月16日

<民主党>小林千代美議員が辞職表明 北教組事件で引責(毎日新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は14日午前、北海道千歳市のホテルで記者会見し、議員辞職を表明した。小林陣営では、北海道教職員組合(北教組)の不正献金事件で幹部らが有罪判決を受けたほか、別の幹部も公職選挙法違反事件で有罪判決(上告する意向)を受けている。小林氏は両事件への自らの関与を否定していたが、民主党の「政治とカネ」を巡る批判が高まる中、自身の政治責任は避けられないと判断した。

 ただ、小林氏は今国会は職務を全うしたいとし、国会閉会直後に辞職願を届け出る。国会会期後に辞職する場合、道5区補選は公職選挙法の規定で10月24日となる。

 小林氏の進退を巡っては、鳩山由紀夫前首相が今月2日、辞任表明した民主党の両院議員総会で「ぜひその責めを負っていただきたい」と小林氏の責任に言及。党内には国会会期末を待たずに早期辞職を求める意見もあった。しかし、この場合、道5区補選は7月に予定される参院選と同日選となり、選挙準備が整わないことなどから、民主党北海道連は国会閉会後の辞職を求めていた。

 小林氏は仙台市出身。中大を卒業後、札幌市の製パン会社に就職し、同労組役員を務めていた。00年に自民党の町村信孝元官房長官が地盤とする衆院道5区に立候補し、落選。03年は比例代表道ブロックで復活当選したが、05年には落選。昨年8月に町村氏に3万票以上の差をつけて選挙区で初の選挙区当選を果たした。

 道5区補選には、自民党から町村氏が既に立候補を表明。みんなの党も候補擁立の動きを見せており、民主党も後継候補の選定作業を急ぐ。【岸川弘明、円谷美晶】

【関連ニュース】
北教組不正献金:小林議員陣営元会計責任者に有罪判決
小林千代美衆院議員:議員辞職の意向 北教組事件で
北教組不正献金:委員長代理に有罪判決 札幌地裁
北教組不正献金:木村被告、起訴内容認める 禁固6月求刑
北教組違法献金:元責任者に有罪−−札幌地裁判決

新薬の昨年度総審査期間、2.8か月短縮(医療介護CBニュース)
<菅首相>13日にも出身地山口へ(毎日新聞)
<学テ>全員参加方式望む声も 専門家会議が初会合(毎日新聞)
「辺野古は困難」菅首相と初会談の仲井真知事(読売新聞)
事務所費で「キャミソール」の不思議  荒井大臣の説明二転三転(J-CASTニュース)
posted by ともだいち at 19:29| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。