2010年02月02日

車内に覚せい剤、起訴の男性に無罪判決(読売新聞)

 車内に覚せい剤を隠し持っていたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の罪に問われた北九州市の無職男性(36)の判決が26日、名古屋地裁であり、村瀬賢裕裁判官は無罪(求刑・懲役3年6月)を言い渡した。

 男性は、2008年9月、名古屋市南区の乗用車で覚せい剤約0・03グラムを所持したとして起訴された。

 男性は「職務質問を受けて逃げた間に、警察官や第三者が車内に置いた」と無罪を主張し、判決は「男性以外が車内に置いた可能性を否定できず、覚せい剤を所持したとまでは言えない」と判断した。

米大使が中国、北の軍事的脅威を強調 (産経新聞)
閣僚好き勝手…答弁拒否したりヤジったり(読売新聞)
首相、参院選後に省庁再編検討(産経新聞)
山スキーで遭難の2人救助 滋賀・土蔵岳(産経新聞)
被告が判決で舌打ち・ため息、裁判員「残念」(読売新聞)
posted by ともだいち at 03:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。