2010年04月21日

<OBサミット>広島で開幕「核兵器なき世界」議題に(毎日新聞)

 世界の元国家指導者や首相経験者らが集う「インターアクション・カウンシル(OBサミット)」の第28回総会が18日、広島市で開幕した。「核兵器なき世界」が主要議題で、最終日の20日に「広島宣言」を採択する。元オーストラリア首相のフレーザー名誉議長は基調講演で「可能な限り早期に核兵器ゼロを達成する必要性を極めて強く訴えたい」と述べた。

 広島開催は被爆65年に合わせて決められたという。クレティエン元カナダ首相とカールソン元スウェーデン首相が共同議長で、日本からは福田康夫元首相らが参加している。

 開幕に先立ち、メンバーらは原爆ドームや原爆資料館を見学し、被爆者2人の証言にも耳を傾けた。クレティエン共同議長は「ヒロシマを知り、言葉に尽くせない。我々は会議で、核兵器を地上から消すために全力を尽くす」と語った。

 サミットでは、アイスランドの火山噴煙の影響で4人が参加を取りやめ、イランのハタミ前大統領は同国が出国を禁じたため参加できなくなった。サミットの共同議長は、イランのアフマディネジャド大統領に「核軍縮には国際間の対話と相互理解が欠かせず、イランの参加は特に重要だ」として制約解除を求めた。

【関連ニュース】
核兵器廃絶:プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに
第九伝説:瓦礫の広島に流れた 絵本、朗読へ
被爆桜:平和への「遺志」咲かせたい…横浜の小学校に植樹
広島市中区で
新核軍縮条約:米露が調印 「追い風」被爆者ら歓迎 廃絶へ向け注文も

<派遣法改正案>見直し求め労働者らが座り込み(毎日新聞)
無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)
<山崎宇宙飛行士>ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ(毎日新聞)
【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)
被爆マリア像 欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
posted by ともだいち at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。